ものぐさ言行録
   思いつくまま 気の向くまま 好き勝手に 書き散らす
書いている人
HN:えいじ
分類
わいわい(36)
がやがや(3)
本の話(16)
音楽あれやこれや(30)
とんかつ(4)
「趣味 映画鑑賞」への道(20)
おらがニュ~ス(60)
TVっ子(97)
七曜表
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
BLOG MOON
ブログ内検索
とんかつだいすき

ぶつくさ読書録
いろいろリンク
はてなアンテナ
はてなブックマーク
談志・陳平の言いたい放だい
最近のコメント
えいじ:Re:議事録未作成は「理解不可能」…事故調委員長(06/21)
えいじ:Re: 稲わらの問題(08/17)
よこまる:稲わらの問題(08/09)
最近のトラックバック
亡国の唄を聞け:
「エンターテイメントのありよう」
(06/24)
探求する動物たち:
国際大会というテーマで。
(04/02)
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | レス(-) | トラックバック(-)
(--/--/--(--) --:--)

 続編が早く観たい 『シャーロック・ホームズ』
映画『シャーロック・ホームズ』を観ました。
(2010年4月某日 TOHOシネマズ錦糸町にて観賞)

言わずと知れたコナン・ドイル作品の設定やキャラクターを元にした映画。

私立探偵シャーロック・ホームズ(ロバート・ダウニー・Jr)と相棒のワトソン医師(ジュード・ロウ)は依頼を受け、ロンドン市街を騒がせている連続婦女殺人事件の犯人を追っていた。
間一髪のところで犯行を防いだホームズに対して、犯人である貴族院議員ブラックウッド卿(マーク・ストロング)は動揺の素振りも見せない。
死刑執行前にホームズとの面会を希望したブラックウッド卿は、自身の復活と犯行の再開を高らかに宣言する!

良かったです。
“シャーロック・ホームズ”は未だ人々を魅了してやまず、更には多彩な解釈を許す懐の深い作品ですが、今回の映画化に際しては原作に真正面から取り組んでいる感が伝わってきて好感が持てました。
小説ではワトソンが事件を文章にしているという体をとっていますが、その際に削られたりぼやかされたであろうホームズの私生活の無軌道振りがガイ・リッチー監督の解釈とロバート・ダウニー・Jrの名演技によって表現されています。
しばしば「猟犬」に例えられる世界一有名な名探偵がどのような世界に生きていたか、またワトソンがどういう存在であったかを端的に現すシーン――人々の囁き声や所作を見るだけで推理が働いてしまい、懐中時計の音に全神経を集中することで堪えているところをワトソンによって引き戻される――に、原作同様に描かれる薬物嗜癖と(ガス灯時代の)ボクシングへの傾倒……頭のどこかを麻痺させたかったんだろうな~と感じさせてホロリとさせられました。
またホームズが小説の中で唯一やり込められた女性、アイリーン・アドラー(レイチェル・マクアダムス)も登場して、これが完全に好み!
魅了されてしまいました。
ワトソンもアフガン帰りの傷痍軍人ということで相当強かったのでは?という解釈で、ホームズとワトソンのコンビはMMA(総合格闘技)隆盛の現在のアクションムービーとしても退屈しませんでした。

そもそも作品世界がうまく出来ていて、世紀末のロンドンは映像で表現されると単純に魅力的過ぎ。
事件の舞台としてもロンドンという都市基盤やそこに生きる人々がそのまま物語の重要な鍵になっており、建設中のタワー・ブリッジやブラックウッド卿に踊らされる民衆の様子で描かれているように、近代と前近代が交錯し迷信と合理主義が綯い交ぜになった時代、ブラックウッド卿の魔手によってロンドン市民が恐怖に陥った時に、よくぞいてくれた!!シャーロック・ホームズ!!

完全にハマった人間の与太を差し引いても、シリーズ物第一作としては大成功と言っていいんじゃないでしょうか。
感想が遅くてなんですが、オススメの作品です。

<<付け足し>>
帰りに、北野映画最新作『アウトレイジ』の前売券をゲットしました。
こちらもキャリア最高傑作との前評判もあるだけに今からワクワクしています。
関連記事
「趣味 映画鑑賞」への道 | レス:0 | トラックバック:0
(2010/05/12(水) 22:08)

国家公安委員会のHPに記者会見要旨がやっと掲載された >> | ホーム | >> 5/9 スチャダラパー20th. Anniversary 『スチャダラ2010~オールスター感謝祭~』


コメント

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許 可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://monogusa.blog1.fc2.com/tb.php/275-a9973952




Copyright © 2004 ものぐさ言行録. All Rights Reserved.
Powered By FC2BLOG / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。