ものぐさ言行録
   思いつくまま 気の向くまま 好き勝手に 書き散らす
書いている人
HN:えいじ
分類
わいわい(36)
がやがや(3)
本の話(16)
音楽あれやこれや(30)
とんかつ(4)
「趣味 映画鑑賞」への道(20)
おらがニュ~ス(60)
TVっ子(97)
七曜表
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
BLOG MOON
ブログ内検索
とんかつだいすき

ぶつくさ読書録
今のNHK(関東地方のみ)
いろいろリンク
はてなアンテナ
はてなブックマーク
談志・陳平の言いたい放だい
最近のコメント
えいじ:Re:議事録未作成は「理解不可能」…事故調委員長(06/21)
えいじ:Re: 稲わらの問題(08/17)
よこまる:稲わらの問題(08/09)
最近のトラックバック
亡国の唄を聞け:
「エンターテイメントのありよう」
(06/24)
探求する動物たち:
国際大会というテーマで。
(04/02)
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | レス(-) | トラックバック(-)
(--/--/--(--) --:--)

 差別批判で絶版、「ちびくろ・さんぼ」復刊へ…瑞雲舎
 ロングセラー絵本として親しまれながら、人種差別的との批判を受け、絶版になったままだった岩波書店版「ちびくろ・さんぼ」が別の出版社から来月復刊されることが2日分かった。

 新たに版元となる「瑞雲舎」(東京都港区)には、書店からの注文が相次いでいる。

 「ちびくろ・さんぼ」はイギリスのヘレン・バンナーマンが19世紀末に執筆。ジャングルでトラに脅された黒人の子供が、機転を利かせて危機を切り抜ける物語で、日本でも数十種の翻訳が出たが、中でもフランク・ドビアス絵の岩波書店版(1953年発売、光吉夏弥訳)が決定版として100万部以上売れた。

 しかし88年、内容が「黒人差別を助長する」といった批判が市民団体などから起き、各社は相次いで絶版処分を決定した。

 その一方、詩人の谷川俊太郎さんが「作品の力を認めたうえで、差別を考える教材として残してもよいのではないか」と発言するなど、絶版は性急過ぎたとの意見もあり、検証本の出版やシンポジウムで議論が重ねられ、99年には著者の絵を用いたオリジナル版(径書房)も出た。

 瑞雲舎の井上富雄社長は、「他の絵本と比較しても文章表現に差別は見あたらないと思う。絵がきれいで親しまれた岩波版は、次世代に残す必要がある」と話している。岩波版で収録された二話のうち、さんぼを追いかけたトラがバターになる結末で有名な一話目だけ、ほぼそのままの形で収録した。
(読売新聞) - 3月3日3時11分更新



子供の時、慣れ親しんだ岩波版『ちびくろ・さんぼ』が瑞雲舎から復刊されるそうです。
二話目もあっての完結したお話だと思うのですがとりあえず名作の復活を喜ぶべきでしょうか。
関連記事
おらがニュ~ス | レス:1 | トラックバック:1
(2005/03/05(土) 16:39)

陰から影 『第三の男』 >> | ホーム | >> 良書を葬る良識とは 『ちびくろサンボよすこやかによみがえれ』


コメント
  二話目も出たようです
http://www.yomiuri.co.jp/book/news/20050913bk05.htm

一冊で二度美味しい。
商売上手いな。

『ちびくろサンボよすこやかによみがえれ』の著者で『ちびくろさんぼのおはなし』の訳者である灘本昌久さんに言わせればお懐かし、二番煎じに過ぎないもののようです。
URL | えいじ #50jynCW6 | 2005/10/01(土) 09:26 [ 編集 ]


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許 可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://monogusa.blog1.fc2.com/tb.php/75-1950312f


  『ちびくろ・さんぼ』復刊
 もう出ないものだと思い諦め、二年ほど前にオリジナル版を購入してしまいました。復刊するならもう少し待てば良かったです。岩波版に親しみ成長してきた身には、やはりバナーマンその人のイラストには抵抗があるといいますか。やはり岩波版の絵が好き。復刊とは嬉しいです
娃榛かくらの日記 | 2005/03/06(日) 11:26



Copyright © 2004 ものぐさ言行録. All Rights Reserved.
Powered By FC2BLOG / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。